プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

フィンペシアを服用すると下半身が萎えるかも

前立腺肥大のための治療薬を開発中、アメリカのメルクという製薬会社が、フィナステリドという成分に男性型脱毛症・AGAに対して効果があることを発見しました。
そうして生まれた薬は日本でも2005年に厚生労働省に認可されており、AGAで苦しむ人々を救っているのです。

その薬のジェネリック医薬品として作られたのがフィンペシアです。
インドのシプラ社という製薬会社が製造販売しています。とはいえ、新薬の方の特許期限はまだ過ぎていません。
そのためフィンペシアはジェネリックというよりも正確にはコピー版とも言える製品であり、だからこそ日本で流通することはなく個人輸入で手に入れるしかありません。

新薬もフィンペシアも有効成分が同じであり効果効能も同じです。
新薬の方が日本で認知されているだけに、信頼できる個人輸入の代行業者で手に入れればAGAに対する効果は抜群です。

AGA自体、男性ホルモンが関係する脱毛症です。
それを改善するための薬ですから、服用を続ける中で下半身が萎えることもあります。

髪の毛が抜けるのを防ごうと頑張ることで今度は男としての自信を失ってしまうかもしれない、そんな怖さのある薬です。
フィンペシアの恐ろしいところは、たとえ服用をやめたとしても下半身の萎える作用は改善されないかもしれないということです。
確かに抜け毛はストップするかもしれませんが、そのおかげで、パートナーができても自分の遺伝子を残すことができないかもしれないというリスクがあることを知った上で使用するようにしましょう。

ちなみに、困ったことに服用をやめるとAGAの方はまた進行を始めてしまうということです。
途中で服用をやめた場合、髪の毛が薄くなって見た目が悪くなるかもしれません。
しかも性欲が減退し勃起が思うようにできなくなる・射精不全になるなど、男性としての力も失われる、そんな状態で今後の人生を過ごさなければならなくなるかもしれないのです。

エフペシアの効果と副作用について

フィンペシアはキノリンイエローという黄色い着色料でコーティングされた薬です。
このキノリンイエローはタール色素なのですが、タールというとたばこが連想され、どうしてもネガティブに捕らえられて売り上げが落ちる可能性が否めません。
そんな中で生まれたのが、キノリンイエローを使わない白い錠剤であるエフペシアです。

コーティングが無くなっただけで、エフペシアもインドのシプラ社が作ったコピー版商品です。
含まれている有効成分が同じである以上は、効果効能も同じです。
もちろん射精不全などの副作用も同じように起こる危険性がある製品です。

今ではフィンペシアの方もキノリンイエローでコーティングされておらず、白い錠剤になっています。
見た目も同じ、効果効能も同じというコピー版商品が同じインドの会社から出ているのは、そういった歴史があるためです。

使用することによる副作用は他にもあります。
睾丸に痛みが出る睾丸痛や、肛門のかゆみがあったりもするのです。
痛みやかゆみだけならまだしも、重篤な肝機能障害が起こったり、前立腺がんに気付きにくくなったり、乳がんになったりといったこともあり、命に関わるリスクもあります。
鬱やアレルギー症状も起こりやすくなります。

確かに髪の毛が薄くなるのはつらいことでしょうが、元気に長生きするためにももっと違った方法でのAGAの改善を考えてみた方が良いのかもしれません。
最近、AGA患者が増えているのは食生活の悪化なども大きな原因の一つと言われています。

フィンペシアやエフペシアは、男性のAGA治療のための薬です。
女性の場合は使用しても効果がないどころか、服用しなくても触れるだけで皮膚から吸収され、お腹の胎児を奇形にしてしまうという副作用もあります。
これから結婚を考えている・自宅に訪れるようなパートナーがいるなら、尚一層やめておいた方がよい薬です。