プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

ミノキシジルとプロペシアの効果の違い

男性型脱毛症の治療薬にミノキシジルとプロペシアという2つの薬剤が使用されますが、この2つの薬剤の効果や違いについて数点挙げてみましょう。
まず、ミノキシジルは血管拡張薬として開発された薬剤で、本来、高血圧の症状を抑えるために開発された薬です。
これを経口摂取した患者の多くに発毛が確認されたことから研究が進み、後にミノキシジルが脱毛症の治療薬(発毛薬)として製品化されました。

一方、プロペシアはフィナステリドという成分を含む薬で、男性型脱毛症の原因でもある男性ホルモンを抑制する役割を持ちます。
こちらも元々は前立腺疾患の治療薬として開発され、これを使用した患者に発毛が確認されたことから研究が進み、後に発毛薬として使用されるようになりました。

ミノキシジルとプロペシアの効果は、薄毛に悩む人の抜け毛を減らし、発毛促進で太くしっかりとした毛髪に改善させることです。
この説明を聞くと2つの薬は一緒だと思う人も多いでしょうが、薬剤が頭皮や毛根にアプローチして効果を出すためのメカニズムが異なります。
ミノキシジルは血管を拡張させ、頭皮への血流を改善し、同時に製品に配合される成分が毛乳頭へ発毛の指令を出し、薄毛の進行を止め、毛髪再生を進めます。

プロペシアの場合、男性型脱毛症に大きく関与する抗アンドロゲン効果により直接的に毛根にアプローチします。
男性の薄毛は、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼが結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換することで、毛根部にその影響が及ぶと抜け毛が増え、進行すると考えられています。
一部には多量の皮脂分泌と皮脂の酸化が原因であると言われており、関係性はあるものの確かなものではありません。
ミノキシジルにもDHT阻害効果がありますが、プロペシアはより強いDHT産生阻害効果があると言われています。

プロペシアの方が発毛効果が高いという違いがありますが、副作用の出現についても高いと言いざるを得ず、正しい医師の診察と診断が必要です。
ミノキシジル塗布薬の処方に関しては、薬剤師の問診等を受けることを必要とするので、入手経路の複雑さにも違いがあります。

ミノキシジルとプロペシアは併用可能です

ミノキシジルとプロペシアを併用することが可能です。
先に説明したように、ミノキシジルが血管拡張効果で毛乳頭へ発毛指令を送ります。
対して、プロペシアは本来髪の成長を促すテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換させてしまう5αリダクターゼの阻害を目的とします。
薄毛の原因を遮断するという異なる2つのアプローチを持つため、早期で高い効果を期待する場合、医師の診断後に適正な判断のもと2つの薬剤が処方されるケースが多いです。

毛髪再生や皮膚等の専門クリニックでは、薄毛や頭皮の問題等に特化した治療が行われており、患者の症状によって2つの薬剤を併用した治療が行われることがあります。
ただし、あくまでも医師の診断のもとで行われる治療であるため、患者個人の判断で併用治療するのは難しいでしょう。

2つの薬剤は副作用の副産物として研究が進んだ治療であり、作用と副作用の監視を同時に行い、最適な薬量としてコントロールする必要があります。
ミノキシジルは血管拡張薬で血流が改善させる反面、副作用には重い低血圧という症状があります。
プロペシアにはミノキシジルにはない男性ホルモンに影響を及ぼす様々な副作用が潜在します。
正しく問診と診察を受けたのちに、症状に合った薬量と使用後の監視を行う必要があり、医師の指導の下で治療を行うことが条件となります。

2つの薬物を使用することで、より効果的にAGA治療ができます。
最近はインターネットサイトからの購入者が多いと言われていますが、不安な方は医師の診断の下で正しい治療に取り組みましょう。