プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

男性の育毛剤を女性が使うのはダメです

薄毛は男性の悩みというイメージもありますが、女性も抜け毛や薄毛で悩む人は少なくありません。
女性の髪の悩みも放置しているとさらに悪化してしまう可能性がありますので、しっかりと予防や対策は行っておきたいところです。

女性の育毛対策としては、市販の育毛剤を活用するという方法があります。
育毛剤は血行促進成分や髪の成長に良い成分がバランスよく配合されており、毎日使うことで抜け毛や薄毛の悪化を防いでくれます。
男性用の商品は種類も豊富で、強力な効果も期待できますが、男性用の商品を女性が使うことは避けたいところです。

まず、男性の薄毛はホルモンの影響を受けていることが多く、女性とは髪が抜ける原因が違います。
それゆえ、性別に合わないものを選んでしまうと良い改善を期待することができません。

さらに男性用の商品は刺激が強いものもありますので、敏感肌の人が使うと逆効果となってしまう可能性もあります。
刺激の強い育毛剤を敏感肌の女性が使ってしまうと、頭皮に炎症が起こってしまう可能性もあるので注意が必要です。
そして、女性の頭皮は乾燥しがちですが、男性用育毛剤は余分な皮脂を抑えるタイプも多いので、こうした商品を選んでしまうとさらに乾燥が進んでしまうことも考えられます。

やはり、安心して使うのであれば、女性の髪や頭皮のことを考えた専用の商品を選ぶことがおすすめです。
男女兼用の育毛剤であれば、安心して使えると言えますが、この場合も肌のデリケートな人はまずは目立たない部分で試して刺激がないか、炎症が起きないか確認しておくとより安心です。
男女兼用の商品は基本的にどちらが使っても大丈夫ですので、夫婦や家族で育毛対策をしたいという場合にはこうした商品を選ぶのも良いでしょう。
育毛剤を選ぶ際は、それぞれの性別や髪の悩みに合うものを選ぶことが大切ですので、購入する際も適当に決めてしまうことはせず、特徴をよく確認しておくことがおすすめです。

育毛に良い食事と栄養書について

髪を元気にするためには、外側からのケアはもちろん大事ですが、体の内側からの改善も取り入れたいところです。
食事から摂れる栄養素は特に大事となりますので、ダイエット中であっても、必要な栄養素は不足しないよう食事に気をつける必要があります。
外食が多い人やインスタント食品に頼りがちという人も、カロリーオーバーでありながら本当に必要な栄養素が不足している可能性がありますので、こちらも気を付けたいところです。

薄毛の原因のひとつに、血行不良で頭皮や毛根に十分な栄養素が運ばれてないということがあげられます。
それゆえ、健康な髪を育てるためには血行を促進させることが大事ですが、血行促進にはビタミンEが役立ちます。
しかもビタミンEは抗酸化作用にも優れていますので、髪や頭皮の老化を防ぐのにも役立ちます。

さらにビタミンCも美容に良い成分として知られており、こちらも抗酸化作用に優れていますし、コラーゲンの生成にも欠かせない成分ですので、育毛対策に良いと言えるでしょう。
さらにビタミンAは荒れた頭皮を整えるのに役立ちますし、ビタミンB群はフケの予防や頭皮の炎症を抑えるのに役立ちます。
この他ではアミノ酸をタンパク質に合成するのに欠かすことのできない亜鉛、ケラチンというたんぱく質の原料になるアミノ酸も髪にはとても大事な成分です。

また、女性ホルモンに似た働きを持つとされる大豆イソフラボンも育毛に良いとされています。
栄養素が不足することも、抜け毛や白髪につながりますので、髪のためにも栄養豊富でバランスの良い食事を心掛けたいところです。
食事だけで補うのが難しい成分や栄養素がある場合はサプリメントを利用すると無理なく補うことができます。