プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

頭皮のかゆみの原因と改善方法について

頭皮のかゆみを感じると、シャンプーが頭皮に合っていないのが原因だと考える人も多いです。
確かにシャンプーの成分が合わないことで頭皮にかゆみが生じてしまうということもよくあります。
今まで使っていたシャンプーと同じなのに、いきなりかゆみを感じるようになったということであれば、単純にシャンプーの銘柄を変えればよいということでもなく、他に原因があると思ったほうが良いでしょう。

かゆみで考えられる原因の一つは、乾燥です。
頭皮も顔や体の肌と同様に乾燥してしまうことが多いですから、それが原因でかゆみが増してしまうということもあります。
特に花粉が多い季節であったり、外気に当たることが多い時期であれば、それによって保湿が足りなくなってしまうということもあります。
そういった時は今まで普通に使えていたシャンプーでもかゆくなってしまうことがあるので、頭皮ケアシャンプーや保湿成分にこだわって作られているシャンプーを使ってみるのもおすすめです。

また年齢と共に、肌が水分を吸収する力は減ってきますから、それによって乾燥してかゆくなるということもあります。
頭皮のかゆみを感じるとフケも出やすくなりますし、髪に十分な栄養が行き渡らなくなることでパサつきやすくなります。
強いかゆみを感じていない時であっても、フケが多く出てしまうようであれば乾燥を疑いましょう。

そのように頭皮のかゆみを感じる時は、シャンプーなどのヘアケア製品を変えて対応する他、食べ物などでも改善していくことができます。
コーヒーの飲み過ぎなどでもカフェインの摂取量が多くなり弱い髪になりやすくなるので、できるだけノンカフェインのものを摂取するようにし、食べ物も大豆イソフラボンを多く含む製品などで髪を丈夫にしましょう。

女性ホルモンを活性化させる成分を含む食べ物が、頭皮や髪には良いということが知られています。
海藻類なども良いですが、大豆製品も多く取りましょう。

薬を使わずに頭皮のかゆみを改善する方法

頭皮のかゆみを取るのに、シャンプーだけではなかなか改善しないという事も多いです。
中には湿疹ができていたり、吹き出物が出来てしまって薬でないと改善できないようなこともあるので、そういった時は薬を使ってみましょう。
適切な薬は皮膚科に相談することで処方してもらうことができます。

古い皮脂が溜まっていることで菌の増加が悪化していたりする時は被害が拡大して感染症になってしまうこともあるので注意が必要です。
古い角質、皮脂が溜まっていることによる菌の増加は、ケトコナゾールや重曹などでも対応することができるので、なかなか病院に行けないという状況であれば、重曹やケトコナゾールを使ってみましょう。
重曹などは身近なドラッグストアで購入でき、感染症予防にも良いです。

また、薬を使ってかゆみが良くなった場合も、油断して安価なシャンプーを使わないようにしましょう。
低刺激のもので、頭皮を優しく洗うことがおすすめです。
洗髪する時、自分ではそんなつもりがなくても、意外と強くごしごしと頭皮を傷つけながら洗ってしまう人というのは多いものです。
低刺激のシャンプーを使っても自分の爪で頭皮を傷つけてしまっては意味がないので、優しく洗う事にも注意すると良いでしょう。

そして洗髪した後のドライヤーも、頭皮に近づけすぎないようにすることが大事です。
ドライヤーは適度に距離を離して使うようにするのがベストです。
ドライヤーは頭皮に良くないからといって、髪を完全に乾かさない状態で寝てしまうと、蒸れた頭皮に雑菌が繁殖してしまうので、完全に乾かして寝るためにもドライヤーは必要です。

ただし、頭皮を乾燥させないように使うということも忘れないように心がけると良いです。
ぜひ使い方を守りましょう。