プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

頭皮のマッサージを行うことでの効果について

健康な髪を育てて抜け毛や薄毛を予防したいのであれば、頭皮マッサージをしてみましょう。
頭皮マッサージは自分でできるため簡単で、しかもお金がかからないケアとしておすすめです。
ただ、頭皮マッサージがなぜ髪に良い効果をもたらすのか気になる人もいるでしょう。

健康な髪を育てるには毛根に、髪を作るために必要な栄養素を送り届ける必要があります。
毛根にまで栄養素を送るのは血液です。
血流によって毛根にまで栄養素を送り続けています。
もし、頭皮の血行が悪くなってしまった場合、毛根に髪を作るために必要な栄養素が行き届かなくなり髪が生えにくくなる、または生えたとしても抜けやすい髪になってしまう可能性が高いです。

肩がこった時に揉んでケアする人も多いでしょう。
肩の筋肉を揉んでほぐすことで、血液の流れを良くして痛みを緩和するという効果を得られます。

頭皮においても肩と同様の効果を得られます。
頭皮マッサージを行うことで血流が促進され、血行を改善することが可能です。
結果、薄毛・抜け毛対策に繋がるという仕組みです。

また、マッサージをすることによって頭皮を柔軟化する効果も得られます。
硬い頭皮だと血行も悪くなってしまいますが、柔軟化させることによって髪が生えやすくなるような土壌を作ることができます。
頭皮には抜け毛を予防したり発毛を促進する効果が期待できるツボが、集中して存在しているのをご存じでしょうか。

マッサージをすることで自然とツボを刺激することが可能です。
いちいちツボの場所を覚えるのは大変ですが、頭皮全体をマッサージすることで手軽にツボを刺激できます。

さらにマッサージには毛穴の詰まりを解消する効果もあるようです。
皮脂が毛穴に詰まってしまうと、毛根にとってダメージの原因となるようです。
マッサージをして頭皮が柔らかくなれば、皮脂による毛穴の詰まりも起こり難くなり、結果、頭皮環境が整います。
このような効果が期待できる頭皮マッサージ、毎日の育毛ケアに取り入れてみてはいかがでしょう。

頭皮マッサージの正しいやり方について

自宅で手軽にできる抜け毛・薄毛ケアが頭皮マッサージです。
ただ、間違った方法でケアしてしまうと、かえって毛根にダメージを与えてしまいかねません。
ですので、まずは正しい頭皮マッサージの方法をチェックしてみるのがおすすめです。

ケアする時は、手を事前に温めておく必要があります。
手が冷たいままだと頭皮が冷えてしまい、血流を悪くしてしまうからです。
両手を擦り合わたりお湯で温めるなどしてからケアを始めるのが良いでしょう。
最初に使う指は人差し指・中指・薬指の3本です。

爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまう危険性があるので注意する必要があります。
爪を立てず、力も入れ過ぎないようにするのがコツです。

まずは側頭部から後頭部にかけてケアしていきます。
耳のすぐ上に3本の指の第一関節を揃えて当てます。
そしてしっかり押さえたまま、頭皮が動くのを意識しながら6回ほど指を上下させましょう。

そのまま頭頂部まで指を少しずつずらしながら刺激をしていきます。
頭頂部には百会といって育毛に効果的なツボがあるので、1回につき3秒刺激するのを3回繰り返すことまでが、まず行うマッサージです。

今度は前頭部からこめかみにかけて刺激をしていきます。
3本の指をおでこの中心部分の生え際に当て、上下に6回動かしましょう。

次に生え際に沿って少し外側に移動したら、同じように上下に指を動かすマッサージを6回程度繰り返します。

最後に頭全体を指先でポンポンと叩くように刺激するのですが、この時は5本の指をすべて使いリズミカルに動かすのがポイントです。
側頭部から頭頂部、後頭部という順番に刺激をしていきましょう。

頭皮マッサージの正しい方法を知っておけば、頭皮や毛根にダメージを与えずケアできるのでおすすめです。