プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

髪の毛が伸びるのが早い人と遅い人の違い

髪の毛の成長スピードは、1ヵ月で約1cm伸びるのが平均的ですが、髪の毛の成長スピードについて、早い人や遅い人がいると感じることがあります。
髪の毛の成長スピードが早い人や遅い人がいるのは、実際にはないことで、髪の毛が伸びるスピードは1ヵ月で1cm程度が平均であることには間違いはありません。
感覚的ではあっても髪の毛の成長が早いと感じることはあります。

毛が伸びる仕組みは、毛母細胞の働きが関係しています。
毛母細胞は毛根の中にある丸い毛球の細胞で、毛乳頭も毛球にあるため毛母細胞は毛乳頭から栄養をもらいます。

栄養補給をした毛母細胞が分裂を繰り返すことで髪の毛も成長します。
髪の毛は延々と伸びることはなく、一定の周期で抜け落ちます。
一定の周期というのはヘアサイクルとも言われています。
ヘアサイクルは髪の毛の成長サイクルで、成長期、退行期、休止期の3つの段階にわかれています。

成長期は毛が成長し続ける期間、退行期は成長が弱くなって停止に向かう時期、休止期は毛の成長が完全に停止し、抜け落ちる時期です。
正常であれば3つのヘアサイクルを3~8年程度で繰り替えしますが、サイクルの速さは年齢や性別にも影響を受けることがあり、個人差も大きくなります。

正常なヘアサイクルの場合には、毛も正常に成長するため健やかに伸びて分量も多く感じます。
遅く感じる場合には、ヘアサイクルが乱れていることが考えられます。
ヘアサイクルが乱れていると十分な栄養が毛に届いていなかったり、最後まで育つ前に抜けたりしてしまいます。
完全に成長することなく抜ける割合が多くなると、髪の毛の伸びが遅く感じるようになります。

成長速度は性別や年齢、体調や栄養状態、季節などによっても異なり、一般的には1日に0.35~0.4mm程度です。
4月頃から気温が高くなり、成長速度も速くなって7~8月は最も早い時期と考えることができます。
また髪の毛を早く伸ばすためには肌や頭皮の環境を正常に整えることも大切です。

髪の毛を健康にするには食事と睡眠が大事

髪の毛が伸びる早さに違いはなく、1ヵ月で1cm伸びるものですが、実際には早い人と遅い人がいると感じることがあります。
早い人と遅い人の間には、食事や睡眠のとり方などに違いがある場合があります。
髪の毛を健康にするためには食事や睡眠などを見直して、頭皮環境を整えるのも必要なことです。

髪の毛を早く伸ばすために必要なことのひとつに、睡眠があります。
質の高い睡眠をとることは髪の毛を早く伸ばすためには大切なことです。
睡眠不足は細胞の成長が鈍くなり、髪の成長を遅くしてしまいます。
睡眠をとるのに良い時間帯は22時~2時で、この間にしっかり寝るよう心がけましょう。

頭皮環境を整えるためには、頭皮の血行促進として頭皮マッサージを行うのも良いことです。
マッサージをすることで血液循環が良くなって、血液が毛乳頭から毛母細胞に流れて栄養補給がスムーズになります。
栄養が増えることで毛も伸びやすくなります。

髪の毛を伸ばすためには毛母細胞に十分な栄養を届ける必要があるため、食事で栄養補給をすることは必須です。
特に摂りたい栄養素は、タンパク質や亜鉛です。
髪の主成分はケラチンで、ケラチンはタンパク質です。タンパク質を十分に摂ることは髪にも良いことです。
タンパク質は肉、魚、乳製品や豆類などに含まれているので、意識して摂るようにします。

食事だけでは不足する場合にはサプリを補助的に活用するのも良い方法です。
ケラチンを働かせるためには亜鉛が必要です。亜鉛はレバーや牡蠣などに多く含まれています。

アルコールを飲むと、それを分解する際に亜鉛が使われていて、アルコールの飲みすぎも髪の毛の成長に良い影響を与えないため、控えることは良いことです。
髪の毛の成長スピードは誰でも同じですが、髪の毛が早く伸びると感じることができる可能性はあります。
そのためには食事や睡眠をしっかり摂り、頭皮マッサージなどで頭皮環境を良くすると、髪の毛の健康を維持することができます。