プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

プロペシアのジェネリックとは、AGA治療薬として日本だけでなく政界中で有名なプロペシアと同じ有効成分を配合したジェネリック医薬品のことです。
有効成分のフィナステリドが発毛効果を発揮してくれるため、他の方法ではAGAが治らなかったという人におすすめです。

ジェネリックは後発医薬品と呼ばれることもありますが、元の薬と同じ有効成分を配合しているため、期待できる効果についてもほぼ同じであると言われています。
期待できる効果はほぼ同じでも価格がかなり安く抑えられているため、人気が高くなっています。
プロペシアのジェネリックにはいろいろな種類がありますが、口コミで評判の良いものをチェックしてみると良いでしょう。

プロペシアジェネリックの効果と価格について

AGAで悩んでいる男性はかなり多いと言われています。
AGAというのは放置しておくとどんどん進行してしまいますし、禿げが目立つようになってしまいます。
最近では若くてもこの症状に悩む人が増えてきており、人によっては深刻な悩みになってしまうこともあります。

プロペシアはAGAに効果的な治療薬の一つですが、保険適用外ということで治療にかかってくる費用が気になっている人も多いでしょう。
高すぎる薬だと購入するのが難しいと考えるかもしれません。
保険適用外の薬は全額自己負担で購入することになります。
費用を抑えながらAGA治療を行いたいという場合、プロペシアのジェネリックを利用するのがおすすめです。

ジェネリックは元の薬と比較して価格が安いという魅力があります。
さまざまな商品がありますが、ジェネリックならだいたい2割くらい安くなるということです。
プロペシアの効果の出方には個人差もありますが、AGAが改善されるまでに数年かかってしまうこともあります。
長く治療を続ける必要があるため、価格というのは大きなポイントとなります。

日本のジェネリックは厳しい基準をクリアしてから製造や販売が行われています。
そのため元の薬と比べて成分が大きく異なっていることはありませんし、得られる効果もほぼ同じであるとされています。

同じ効果が得られて値段が安いならジェネリックを選びたいという人が多いでしょう。
元の薬とジェネリックはほぼ同じ効果を得られると言われていますが、両方を使ってみた人の中には効果の違いを感じた人もいるということです。

成分が同じなのに効果が違うと感じる理由として、製造方法が異なるという点が挙げられます。
元の薬でもジェネリックでも使われる有効成分の種類と量は同じです。
しかし、その成分をどのような方法で薬に配合していくのかはメーカーによって異なってくるということです。
また、有効成分は同じでも使われている添加物などは違っています。

薬の作り方や使用する添加物はメーカーごとに違っており、長年にわたって蓄積してきた経験によるものと言われています。
そのため製薬方法の違いによって成分の吸収速度や、有効成分の効果の出方が変わってくるのではないかと考えられます。

プロペシアのジェネリックは日本だけでなく、世界中で製造されています。
そのためどれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。
長く飲み続けるものなのでできるだけ安く購入したいという人もいるでしょう。

ちなみに、AGA治療薬はAGAの進行を妨げるための薬であり、価格だけで選んでしまうのは良くありません。
もちろん価格も重要なポイントですが、まずはきちんと効果の得られる薬を選んでいくようにしましょう。
自身の体質に合っているかどうかを確認してから価格を比較していくのがおすすめです。

海外で販売されているプロペシアのジェネリックにはいくつかの種類がありますが、このような商品は通販サイトで購入できることが多いです。
海外で製造されているものでも成分は元の薬と同じです。
また、国内にあるプロペシアのジェネリックと大きな差があるというわけでもありません。
元の薬とジェネリックの違いは添加物と製造方法です。
そのため全く同じ効果が得られるとは限りません。

海外で製造されたプロペシアのジェネリックは元の薬より安いことはもちろん、国内で作られているプロペシアのジェネリックよりもかなり安くなっています。
AGAというのはすぐに治るものではありませんし、長く治療薬を飲み続けることになるため、値段の安い通販サイトを利用する人も多いです。

値段を安くしたいなら通販サイトがおすすめですが、プロペシアには副作用のリスクもあることを知っておきましょう。
何も知らずに飲んでしまうと後悔してしまうこともあります。
そのためまずは病院で診断を受けて処方してもらうのがおすすめです。

妊婦はフィナステリドに触れてはいけない

プロペシアは男性のAGAの進行を抑える効果のある薬です。
有効成分はフィナステリドであり、世界中で人気を集めています。
フィナステリドには脱毛を促すDHTというホルモンの生成を抑える作用がありますし、AGAの進行を抑える効果や発毛促進などの効果が期待できるということです。

ちなみに、女性はフィナステリドの配合されたプロペシアを服用することはできません。
また、妊娠中の女性はプロペシアに触れることも禁じられているため、一緒に生活している女性がいる場合は男性も注意しましょう。
妊娠中の女性がプロペシアを服用してしまった場合、胎児に重大な副作用をもたらす可能性があります。

AGA治療薬のプロペシアはさまざまな副作用のリスクがありますが、妊娠中の女性は飲んではいけないというだけでなく、触れることもいけないということに注意しましょう。
なぜ妊婦がフィナステリドの配合されたプロペシアに触れてはいけないのか知りたいという人もいるかもしれません。

胎児は母親のお腹の中にいるため、母親が誤ってプロペシアを口にしない限りは副作用のリスクは低いとされています。
しかし、プロペシアを触った手で何かを食べてしまった場合、障害児が生まれてしまう可能性があります。
何かしらの理由でプロペシアの成分が侵入することにより、このようなリスクが出てきてしまうことを知っておきましょう。

プロペシアの成分であるフィナステリドにはDHTという物質を抑制する効果があります。
DHTはAGAの原因とされており、AGAを改善するためにはこの物質を抑制することが大切です。
このような作用があるため、AGAの進行を食い止めることができますし、発毛を促進してくれるということです。

DHTというのは男性ホルモンが変化した物質ですが、男性胎児に対するとても重要な役割を持っています。
DHTの役割は胎児期と思春期以降で異なっており、胎児期には性器の正常化のために必要となります。
胎児の時期にDHTが不足してしまった場合、男性器がきちんと成長できなくなってしまいます。
そのため男性胎児の発育においてDHTはとても重要な物質と言えるでしょう。

DHTは男性の生殖機能を正常に維持するために重要です。
また、プロペシアを成人男性が服用した場合でもEDなどの副作用がありますし、胎児に対して全く影響が無いとは言い切れません。
特に胎児の場合はお腹の中で生殖器が形成されている段階であり、この時にプロペシアの成分が侵入してしまった場合、障害児になってしまう可能性が非常に高くなってしまうということです。

陰茎の形成不全を招いてしまう危険性が高くなってしまいますし、精子が生成されないなど生殖機能が未熟なまま生まれてしまう可能性も考えられます。
また、胎児ではなくても子供が誤ってプロペシアを口にしてしまった場合、同じように生殖機能に障害が出てしまうこともあります。

AGA治療薬として有名なプロペシアには副作用のリスクがあるため、取扱いには注意が必要です。
プロペシアの主成分であるフィナステリドには脂肪に溶けやすいという性質があります。
また、分子量が非常に小さいため、経皮吸収を起こす可能性も高いとされています。
経皮吸収とは皮膚から体内に成分を摂り込んでしまうという現象であり、女性は触っただけでも危険ということです。

妊娠中の女性がフィナステリドの配合されたプロペシアに触れると経皮吸収を起こし、障害児が生まれてしまうことも考えられます。
そのため妊婦はプロペシアに触れることも禁止です。
基本的にプロペシアはコーティングされているため、経皮吸収のリスクは低いとされています。
しかし、万が一のことも考えられますし、妊婦や子供の手が届かないところに保管しましょう。
また、何かの衝撃でプロペシアが割れてしまった時は経皮吸収によってフィナステリドが体内に侵入してしまいます。

プロペシアのジェネリックを買うならあんしん通販薬局

プロペシアのジェネリックはどこで購入できるのか知りたいという人もいるかもしれません。
プロペシアのジェネリックは病院やクリニックなどの医療機関で処方してもらうことができます。
医療機関ではドクターによる診断を受けることができますし、安心して薬を手に入れることができるでしょう。

医療機関で処方してもらう場合は保険が適用されないので注意が必要です。
また、薬代だけでなく初診料や検査費などもかかってしまいます。
場合によっては血液検査などを行うこともありますし、飲み合わせや体質を確認して問題ないと判断されてからプロペシアのジェネリックが処方されることになります。

医療機関での処方は健康保険が適用されない自由診療であり、医療機関によって価格が異なってきます。
薬代だけなら8000円~10000円となりますが、初診料などもあるので15000円程度用意しておくと良いでしょう。
初診料が高くても再診料は少し安くなります。
専門のクリニックと比べたら費用が安くなりますが、検査やカウンセリングはそこまで詳しく行ってくれません。

プロペシアのジェネリックは医療機関で処方してもらうだけでなく、通販サイトを利用して購入するという方法もあります。
通販サイトといっても一般の通販サイトではなく、個人輸入代行サイトを利用することになります。

個人輸入代行サイトというのは海外の商品を取り扱っている通販サイトのことであり、利用方法は一般の通販サイトと変わりません。
さまざまな個人輸入代行サイトがありますが、プロペシアのジェネリックを買うならあんしん通販薬局がおすすめです。

プロペシアのジェネリックが製造されているのは日本だけではなく、海外でもさまざまな薬が製造されています。
また、個人輸入代行サイトを利用すれば海外で作られた薬でも手軽に購入できるということです。
価格については商品ごとに異なっていますが、物価の安い国で製造されたものなら日本で製造されたものよりも安く購入できるでしょう。

もちろん自らがその国まで行って購入するという方法もありますが、交通費などを考えたら割高になってしまいます。
また、プロペシアのジェネリックを製薬している会社が通信販売を行っていることなどもありません。
個人輸入代行業者はプロペシアのジェネリックが製薬されている国に拠点を置いており、現地で購入した薬を輸入して販売しています。

このようなサイトは日本人が経営しているため、現地の言語が分からなくても日本語でやり取りができます。
薬代だけなら病院で処方を受けるのとあまり変わりません。
しかし、あんしん通販薬局などの個人輸入代行際との場合、処方せんが必要ないという特徴があります。
診察料や検査費用などもかかりませんし、送料も無料になっていることが多いです。

個人輸入は値段がかなり安いというメリットが挙げられます。
プロペシアのジェネリックは飲んですぐに効果が出るというわけではありませんし、毎日継続して服用することでAGAを改善していくという薬です。
そのため治療が長引くほど費用の負担も大きくなってしまうということです。
また、薬が無くなったら毎回病院やクリニックへ行く手間などがかかってしまいます。

個人輸入代行サイトを利用すればプロペシアのジェネリックを安く購入できることはもちろん、何度も医療機関に通う手間がかからないということもポイントです。
プロペシアは世界的に人気の高い薬であり、偽物や粗悪品などを取り扱っている通販サイトもあります。
偽物や粗悪品だときちんとした効果を実感できません。

個人輸入代行サイトを利用する場合、信頼できる大手のサイトを利用することがポイントです。
あんしん通販薬局は信頼性のある個人輸入代行サイトであり、実際に多くの人が利用しています。
こちらでは正規のルートで医薬品を輸入しているので安心です。