プロペシアのジェネリック版でも発毛効果はある!

AGA治療は保険適用外なので治療費が高額になる

男性型脱毛症はそのまま放置してしまうと、どんどん薄毛が進行していきます。
薄毛の進行を食い止めて髪のボリュームをキープするには、AGA治療を受けなければいけません。
男性で薄毛に悩んでいる人は、どのようなAGA治療が行われているのか、治療内容や費用相場などを確認しておくと良いでしょう。

AGA治療法としてもっともポピュラーなのが、内服薬を服用する方法です。
5αリダクターゼという酵素の働きを阻害するプロペシアという薬や、頭皮の血行を促進する作用を持つ薬が処方されます。
錠剤の薬を毎日服用するだけの簡単な治療内容です。
ただ、プロペシアをはじめとするAGA治療に処方される薬は健康保険適用外となっています。
自由診療となるので、クリニックによって薬の価格が異なります。

あくまで平均となりますが、プロペシアにかかる1か月分の相場は約1万円程度です。
頭皮の血行を促す薬を合わせると、1か月分の治療費は約1万5000円程度になります。
他に行われているAGA治療も健康保険適用外となっているので、治療内容と合わせて相場をチェックしておきましょう。

メソセラピーも、AGA治療として選択肢の1つとなります。
この治療は発毛促進に有効な成分を、注射器などを使って頭皮へとダイレクトに注入するのが特徴です。
グロースファクターが主成分となり、あとは発毛を促進する効果のあるビタミン類や、ミネラル類、保湿成分として知られるヒアルロン酸などを配合した薬剤を注入します。
グロースファクターや保湿成分など、注入する薬剤やその薬剤を注入する方法にによって費用は変わり、1回につき約2万円から8万円がメソセラピーの相場です。

さらに、自分の毛根を薄毛部分に移植する自毛植毛というAGA治療も行われています。
自毛植毛は自分の毛根を移植するので、そこから伸びてきた髪は自分の髪です。
伸びるだけでなく抜け替わりもしますし、年齢を重ねれば白髪にもなります。
とても自然な見た目になるのが自毛植毛の魅力です。
毛根を移植する本数・施術法によって変わりますが、100万円から400万円程度かかるケースもあるようです。

AGA発症は遺伝も関係している

父親や祖父、叔父など親族に薄毛の人が多いと、「いずれ自分も薄毛に悩まされるようになるのでは」と、不安に感じる人も多いかと思います。
男性の場合、薄毛といえば男性型脱毛症が代表的です。
男性型脱毛症は遺伝によって発症することがあるのかどうか、チェックしてみましょう。

遺伝するかどうかを知るためには、まず男性型脱毛症が起こる仕組みを理解する必要があります。
この脱毛症は男性ホルモンが原因となり、引き起こされる脱毛症です。
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンへと変化することがあります。

このジヒドロテストステロンが男性型脱毛症を招く引き金です。
男性ホルモンのテストステロンは男性であれば、誰でも分泌されますが5αリダクターゼは人によって作用に個人差があります。
強く働く人もいれば、働きが弱いという人もいるようです。
体質的に5αリダクターゼの活性が高い人は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わりやすく薄毛を招きやすいということが考えられます。

また5αリダクターゼが活性化しやすい体質かだけでなく、アンドロゲンレセプターの感受性が高いかどうかという点も、薄毛になりやすいかどうかが決まるポイントです。
アンドロゲンレセプターは男性ホルモン受容体とも言われています。
このアンドロゲンレセプターが、ジヒドロテストステロンと結合することによって男性型脱毛症は進行していきます。
アンドロゲンレセプターの感受性が高いということは、ジヒドロテストステロンと結合しやすく薄毛になりやすい体質と言えるでしょう。

5αリダクターゼの活性の高さ、そしてアンドロゲンレセプターの感受性の高さは、遺伝的な要因で決まるものです。
必ず遺伝するとは限りませんが、もし家族に男性型脱毛症で薄毛が進行している人がいる場合、高い確率で薄毛に悩まされることになるでしょう。